家族葬とはどんなものか

従来の葬儀では、さまざまな立場の人を幅広く呼ぶため大規模になるのが一般的でしたが、最近では小規模で行われる「家族葬」と呼ばれるスタイルの葬儀が増えています。

家族葬とは、遺族や親戚などのごく親しい人たちのみ(友人・知人などを含む場合もある)に会葬者を限定して行う葬儀スタイルであり、都市部を中心として主流になっていると言われています。

このような小規模スタイルの葬儀が増えている背景には、葬儀についての考え方やライフスタイルの変化などにより、従来の大規模なスタイルの葬儀がニーズに合わなくなってきているという理由があると言えるでしょう。
また、会葬者の規模については、20~30名以下が一般的とされており、100名近くになることもある従来の葬儀と比べると、かなりこぢんまりとした規模になると言えるでしょう。

家族葬のメリットとしては、まず「ゆったりとした雰囲気で葬儀ができる」ということが挙げられます。
会葬者が、ごく親しい身内だけに限定されているため、従来の葬儀のようにさまざまな立場の会葬者への対応に追われることはないと言えるでしょう。

そして「費用が比較的安く済む」ということもメリットだと言えます。
葬儀本体費用に限って言えば、従来の葬儀だと100万円を超える場合も少なくありませんが、家族葬の場合は40万~100万円程度が相場になります。
ただし、身内だけの葬儀になってしまうため、香典が少なかったり、初めから断る場合もあるため、香典収入は期待できないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です