家族葬をする時のお知らせについて

家族が亡くなった時には葬儀を執り行いますが、従来どおりの葬式ではなくて家族葬を選ぶご家族も増えつつあります。

規模が小さくなり、ほぼ家族や親戚のみという少人数で執り行うスタイルなので、弔問客の方もいないというのが当たり前になってきているのです。
ですが、やはり訃報を聞いたら挨拶をしてお伺いをし、香典を持参していくというのはこれまでの常識から考えれば当たり前のことです。

でも、家族葬に限ってはそれが逆に失礼になる事もあります。

その為、もしもご家族がなくなってこのスタイルでの葬儀を行うと決めたのであれば、まずは相手の方にもご理解いただけるようにお知らせをする必要があります。

家族葬は名前こそ家族とついていますが、ほぼ小規模な葬式という意味合いで使われることもあります。その為、家族以外でも来て欲しいと思う方がいればその方にもその旨を通知すると良いでしょう。

参列者は義理でこられるような同僚や会社関係、近所の方は参列を遠慮してもらうようにきちんと伝えないといけません。その時には、香典や弔問などは控えてもらうように明記しておく事で相手にもはっきりと伝わります。

増えつつある家族葬ですが、その一方で行う側もその周囲の方もどのような対応をしていけばいいのか模索をしているところでもあります。香典や焼香などをしたいという気持ちも有り難いことではありますが、はっきりとお断りするならその旨を事前に通知する事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です