今の時代に合った家族葬

近年よく耳にするようになったのが家族葬というスタイルの葬儀です。
いぜんは、密葬とも呼ばれていました。
名前の通り、家族を中心に、ごく近しい人の間柄でのみ執り行う葬儀のことで、都市を中心に急速に広がっています。

具体的な流れや葬儀の内容は、通常の葬儀と違いはありません。
ただし、遺族の希望によって、一部の手順などをはぶくこともあります。
規模自体が小さいため、通常の葬儀より費用が抑えられる傾向があるため、あまり金銭的余裕がないケースでも家族葬が選ばれることがあるようです。
ほかにも、故人が非常に高齢だったため、呼ぶ参列者が少ないとみこまれるケース、故人の遺言により家族葬になるケース、親戚縁者が遠方に住んでいるため葬儀自体はこじんまりと行い、のちのち別にお別れ会などをするケースなどがあります。

もっともよいのは、なるべく生前に自分や家族の葬儀に対する希望をあらかじめ話し合っておくことです。
終活などと呼ばれ、自分の希望をノートなどに書き留めておくのもよいでしょう。
そして、生前から複数の葬儀社に相談しておき、自分の望む葬儀についてイメージを固めておくことです。
信頼おける葬儀社を見つけておき、プランも決めておけば、万が一のケースにも備えられて心残りがひとつ減ることになるでしょう。

同じ家族葬であっても、費用や手順は葬儀社によって細かく違います。
可能ならば、複数の葬儀社から見積もりをとっておくとなおよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です