ご遺族が無理なく落ち着いて故人を弔う家族葬の意義

人が亡くなると、遺された近しい者たちの手によって葬儀が営まれます。
しかしながらその儀式のあり方は千差万別で、全てのケースにおいてよく見られるような大勢の参列者を招いての大規模な葬儀を執り行う必要な全くありません。
故人や遺族が望むままの規模にて執り行うことが何よりも重要です。
その意味でも最近特に注目を集めるのが家族葬というあり方です。

家族葬とはその名の通り、家族の者だけが集まって故人をしめやかに送り出すと言う葬儀のこと。
大勢の人数の参列者を招く必要がないことから遺族の疲労や対応力の面でも無理することなく実施できますし、また会場の面でも家族が集まるだけの最小限のスペースがあれば万全です。
故人が亡くなった後に悲しむ暇もないほどに慌てて葬儀の準備に着手しなければならないこともないので、それぞれのペースで落ち着いて準備することが可能です。

家族葬ではこれを必ずしなければならないということもありません。
むしろ考え方や儀式のあり方はそのご家族次第ですので、宗教者を招いてお経を上げてもらうのも一つの方法ですし、あるいはご遺族が故人を囲んで歌を歌ったり、一人一人が故人との思い出を語ったり、あるいは気心の知れた家族が精進料理を囲んで最後の家族団欒の時を持つという形も大いにありえます。
もしも世間体などの問題で大勢の外部の参列者を招いて儀式を執り行わなければならない際には、家族葬を終えて落ち着いた後に、後日改めてお別れの会を開催するという方法もあります。
このように家族葬はご遺族が無理なく故人を弔う上で重要な儀式と言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です