家族葬が選ばれる理由とは

人生最後のセレモニーであるお葬式の新しい形として家族葬が人気を集めています。
家族ごとの自由なスタイルで葬儀を行うことができるということが人気の理由の一つにもなっています。
家族葬では、その名の通り参列者が家族など近しい親族のみであるため、堅苦しい雰囲気がなく、自由に式を進行していくことができます。
比較的故人の意向に沿った式を行うことができるため、より故人を重視した葬儀の形であると考えることもできます。
また、家族葬では参列者が限られているため、ゆっくりと故人との別れの時間を取ることができることが特徴です。

沢山の参列者を迎える際の時間的であったり体力的な負担を軽減することにより、本来の目的である故人に対して追悼の意をささげることができるのです。
亡くなられた方が、生前に式に必要となるだけの費用を貯金しているとは限らないため、葬式に必要となる費用は残された遺族にとっては大きな負担となることがあります。

家族葬によって参列者の数や葬儀の規模をコントロールすることにより、必要となる費用を抑えることができます。
普通の葬儀を行ったと仮定すると、会葬返礼品や食事、祭壇や葬祭用具、通夜式や告別式など、幅広く費用が必要となってきます。
直葬を行うか、火葬を行うかによっても葬儀の内容をよりシンプルにすることができるため、大きな工夫ができるポイントだと考えることができます。
家族葬はより親しい人間だけで行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です