家族葬とは、密葬との違い

家族葬とは、身内、親族などない輪で行う葬儀のことを言います。
もともと、密葬という言葉がありましたが、密葬の場合は別途、本葬がおkなわれることが多いですが、家族葬の場合はこれのみです。
高齢化に伴って、定年から死亡するまでの期間が長くなるにつれ、葬儀の職場関係者や会社関係者による参列が減り、家族や近親者のみでの葬儀が増えたことがきっかけです。

家族葬のマナー、儀式やの進行や、席順をはじめとして、葬儀の時の喪主の挨拶や、弔辞なども各自個人にたいしてお別れの挨拶をするような感じで行うのがよいでしょう。
しきたりやマナーのとらわれず個人の好きだった音楽をかけたり、アルバムを飾って個人を偲んだりして、個人の意思にそった形で行うのがよいでしょう。
家族葬の内容について、通夜、通夜式、シンプルな場合には、お通夜を行わないこともあります。
通夜を行わない場合は僧侶の読経も告別式のときだけに行うことになります。

初七日、遠方からこられる親族のために初七日も法要も告別式に続けて行われるケースが増えています。
会食、自宅や、斎場、お寺などでお弁当や料理を手配するほか、会場となる場所を移して個人を偲ぶ会食を行う場合があります。
葬儀社の一般的なプランには食事代がふくまれないことがほとんどのようです。
家族葬の費用は、20万円程度から、葬儀の内容によって金額が変わります。
一例として、通夜なしで告別式ありの場合30万円から40万円程度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です