家族葬を選ぶことのメリットとは

最近、葬儀の形が変わってきているのはご存知でしょうか。
超高齢化社会を迎える日本。
人生の最後の場である葬儀についても多種多様な考え方や思いに合わせて様々な形のものが登場してきているのです。
そしてその中でも特に増えてきているのが家族葬です。
この葬儀は、その名前の通り家族と、ごく近い親戚など故人と特に親しい人のみで行う葬儀です。
これまで一般的であった葬儀では家族や親族だけでなく勤務先、ご近所の方など多くの人を呼んで盛大に行うのが普通でしたが、それに比べるとかなりその様相は違ってきます。

では、このような形での葬儀はなぜ増えてきているのでしょうか。
そのメリットを考えてみます。
まず最大のメリットは、故人との別れをゆっくりと惜しむことができる、というものです。
一般葬では家族は弔問客を迎え式を滞りなく進めるためにかなり慌ただしくなり、故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができません。
その点、家族葬なら弔問客はごく少ないので、故人との最後の別れを余裕を持って過ごすことができるわけです。
また、故人の希望で家族葬を希望される際には、費用面の事を考えてという場合が多いようです。
弔問客が少なくその他式の内容も比較的自由に決められるので、費用を抑えることが可能なのが家族葬です。
遺された家族に負担を掛けないため、このタイプの葬儀を希望されると言うわけです。

費用が抑えられ、故人とゆっくり過ごすことができる家族葬。
これからもこの形の葬儀は増えていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です