家族葬が増えてきた背景

葬儀は故人と別れる最後の大事な機会ですが、これまでの葬儀では故人と家族の別れよりも、社会的な別れや宗教上の別れの方を優先的にしていました。
しかし社会情勢の変化などから、家族との絆を大事にしたいと考える人が増えました。
そこで故人と家族の別れを優先したいという考えから家族葬が増えるようになりました。
一般の参列者が沢山いたら、遺族は参列してくれたことに感謝の気持ちを伝えるため、挨拶まわりをしなければなりません。
挨拶をする時間がかなりかかってしまうので、その分、故人との別れの時間を十分にとれなくなってしまいます。

そこで家族葬を選んで、アットホームな葬儀を考えることが増えています。
また、家族葬が増えてきた背景として金銭的な理由もあります。
葬儀にかかる費用は想像以上に高いと考える人が多く、もっと安く費用を抑えたいと考える人が増えました。
葬儀費用が高くなる理由として、参列者が多い場合は広い会場を借りなければならないので、会場使用料が高くかかります。
そして参列者が多ければ多いほど、香典返しを沢山用意しなければなりませんし、料理や飲み物なども沢山用意する必要があるので、葬儀費用が高くなります。

しかし家族葬であれば、遺族や親族、友人など限られた人しか参列をしないので、葬儀会場も小さめの規模のものですますことができますし、香典返しや料理の準備なども少なくてすみます。
このような背景から、家族葬を選ぶ人が増加傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です